雀荘に通い詰めることで麻雀好きの女性と出会う

雀荘 社会人の出会いやきっかけ(口コミ)

私が経験したちょっと珍しい異性との出会いの場所は、一緒に麻雀ができる雀荘です。

麻雀をすることが趣味の私は、とある雀荘によく通い詰めていました。

その雀荘には、数は少ないですが女性もいました。そして、その雀荘に行ったことがきっかけで、仲良くなった女性がいました。

麻雀をするのは大半が男性だと決めつけていた私ですが、実際に行ってみるとそうでもありません。

若い女性となるとそれほど多くはありませんが、それでもまったくいないわけではありません。

雀荘ですから雀荘にいる間はずっと麻雀をするのですが、ゲームとゲームの間など時間があれば世間話もします。

そこで少しずつ仲良くなっていくうちに連絡先を交換し、場合によっては親密な関係になることもあります。

私の場合は、一人の女性とそれなりに仲良くなることができました。その女性は雀荘で麻雀をすることに慣れているフリーターの女性で、お互い時間が空いた時にはゲームを一緒に楽しみました。

また、何度かですが食事にも行きましたし、麻雀だけではない付き合いもできていたのです。お互いに麻雀が好きなので、会話に困るということはありません。

麻雀の話で盛り上がれば会話は続きますので、会話が途切れて気まずくなるということはありませんでした。

雀荘に行っている時点で麻雀が趣味だということは確定していますので、会話しやすいのは雀荘で出会うことの大きなメリットです。

特に恋人作りを意識するわけではなくても、自然と仲良くなれます。

ただ、私が仲良くなったその女性とは、残念ながら男女の関係にまではなりませんでした。

しかし、それでも麻雀という同じ趣味を持つ女性と会話できるのは楽しいですし、あわよくば付き合えるかもしれないと期待を持てます。

雀荘へ行くのはあくまで麻雀をすることが目的ですから、そこはブレてはいけない点です。ナンパ目的で利用するのは、迷惑行為になりかねません。

ただ、あくまで自然な形で会話するぐらいならまったく問題ないですし、ちょっと珍しい社会人の出会いの場所です。