小鳥カフェに週1で通っていたら、鳥好き男性と仲良くなって交際に発展しています

小鳥カフェ

私はセキセイインコの飼育歴が20年以上と長く、インコが寿命を全うするごとにインコを購入し続け、いつでも2羽のインコが常に家にいる環境で過ごし、部屋の至るところにインコグッズが溢れているほどのインコ好きなので、小鳥カフェが自宅から行ける距離にオープンしてからは、小鳥グッズの購入も兼ねて、セキセイインコ以外の小鳥と戯れてみたいことから、週1で小鳥カフェに通い続けていた時、私と同じ常連客の鳥好き男性から、「いつもこの曜日に見かけるから気になってたんだけど、良かったら一緒に小鳥について話さないか」と声をかけられ、小鳥の話で意気投合して盛り上がり、メールやラインで自分のペットの写真や動画を見せ合ったり、鳥について情報交換をしているうちに親しくなって、交際まで発展したことがあります。

話下手で同世代の異性と接触する機会が少なくて交際経験が少ない私でも、自分の家族である最愛のインコのことなら話題が尽きず、次から次へとポンポン話す言葉が浮かんでくるため、「何を話そうか・沈黙が気まずい」と思わず、会話に困ることがなかったし、素のままの自分でいられたので、一緒にいて気が楽だと感じられたことが功を奏したのだと思います。

初めは小鳥カフェでのデートか、互いの家族の一員のインコがいるどちらかの自宅でのデートが多かったのですが、互いに慣れて相手を好きだと思う気持ちが強まってからは、他の場所へもデートに行くようになっています。一人では行きにくかったり、女性だけでは行きにくかった場所へ行けるのは新鮮だったし、私自身がインドア派だったのに、アウトドアも大好きになっています。

女性と群れて行動するのではなく、一人で休日に外出していたことや、同じ場所に定期的に通い続けて顔を覚えて貰えたから交際相手をゲットできたので、外へ一人で定期的に足を運ぶことは、人と出会うきっかけになるんだということを実感しています。偽りのない素の自分でいられる場所へ出向くことが、出会いのチャンスを広げます。