まさか登山中に女性との出会いがあるなんて

登山

毎週日曜日に地元の山を登っている私。そうですねえ、もうかれこれ10年くらいは続けてるんじゃないかな。最初はダイエット目的で登り始めましたが、今では趣味みたいな感じになっていて、私のライフスタイルに欠かせない要素となっています。あ、ちなみに、その山はそれほど高いわけではなくて、標高300メートルくらいの、まあ、初心者向けの山です。時間も20分もあれば登頂することが可能です。

ただし、山道は全く整備されておらず、崖道を登っていかなければなりません。ところどころ石畳の階段が設置されていますが、初めて登頂する方は戸惑うことでしょう。ただ、地元では有名な山なので、日曜日の朝ともなれば、かなりの人が登ってるんですよね。

まあ、女性はほとんどいませんが・・。年齢層も、50代以降くらいの方が多いですし、若者はねえ・・。やっぱりあまり見受けられないんですよね。そんな山をいつものように登っていたところ・・鮮やかなピンク色のウェアに身を包んだ同年代(20代)とおぼしき女性を発見。

かなり疲れているようで、木陰に入って休憩しています。で、いつものように「おはようございます」とあいさつしたところ・・。その女性に「ここから、あとどれくらい掛かりますか?」なんて、声をかけられたのです。そこから話が盛り上がっていった私たち。その後一緒に登頂し、登り切った達成感を分かち合ったのでした。

で、いつもの私なら、ここで、「じゃ、さよなら」といって、立ち去るところなのですが・・。だって、初対面の女性に、なんというか、連絡先を交換したりするのって、失礼な気がするんですよね。そんなことをしてしまえば、嫌われるんじゃないかと、不安になってしまうのです。

ですが、その時は、お互い話がかなり盛り上がりましたし、登山を一緒に達成したことで、ある種の連帯感が生まれています。信頼感といってもいいかもしれません。それに、その・・、なんというか、今回のその女性、顔がかなり好みでして・・。

これを逃せば、絶対に後悔する思ったんですよね。というわけで、思い切って連絡先を尋ねたところ、見事に応じてくれたのでした。これがきっかけで付き合うことになった私たち。あの日、あの時間帯に登山していて本当に良かったと思っています。それにしても、最近では山ガールなんて言葉が普及していますし、もしかすると山というのは、大きな出会いの場なのかもしれませんね。