ダンススタジオでの出会いは、発展しやすい

ダンススタジオ

私が前カレと出会ったのは、ダンススタジオでした。私が受けていたダンスレッスンは、主にヒップホップとハウスダンスです。

ただ、スタジオはレッスン定額制を導入していたので、興味があれば一日何本でもレッスンを受けられました。

そのため、本気で受けているのはヒップホップとハウスダンスでも、「どんなものか試してみたいから」「ダンサー(先生)が有名だから」「いつも人気で、スタジオいっぱいに人が入っているから」といった軽い気持ちで、たくさん他ジャンルのレッスンも受けていました。

他の生徒も私と同じ気持ちだったようで、「ロックダンス、まだ2回目だから全然できない」「やっぱりジャズダンスはテンポが独特だから、まだ慣れない」といった声もよく聞きました。

友達に誘われて、他ジャンルのレッスンを受けることもよくありました。前カレと出会ったのは、ハウスダンスのレッスンです。

ハウスダンスも、始めた当初は「どんなものか見てみたい」程度の気持ちで受け始めたレッスンでしたが、彼もそうだったようです。

定額制で受け放題タイプのダンススタジオでは、生徒が固定されていません。前回とはまた違う顔ぶれでレッスンを受けることが普通なので、出会いの数はとても多かったです。

また、スタジオ主催やダンサー(先生)主催でのダンスショーも多く開かれています。希望生徒は、参加して舞台で踊ることができます。

この練習も、彼と交流を深めるのにとても良い機会でした。

通常のレッスンでは、そこまで長い間、喋りながら過ごすことはありません。また振り付けも、そのレッスン限りのものが多いので、完全にモノにしようと必死に練習することも少ないです。

ところが、ダンスショーの場合はそうはいきません。通常レッスンに加えて、週に2〜3回、自主練という名目で、皆で集まって練習をしました。週末の夜は、終電間際まで練習することもあります。

分からないところを聞き合ったり、フォームや振りを確認しあったりする過程で、とても親しくなれました。学生時代のようで、とても楽しいのです。

社会人ダンサーは、真面目でしっかりした人が多かったのも良かったと思います。ダンスに興味がある人であれば、出会いの場として、とてもおすすめです。