SNSは出会いある?人気SNS(twitterツイッター、lineライン等)は出会いに使えるのか?

snsで出会いはあるの?出会えるの?

婚活アプリ恋活アプリではなく良く使っているあの人気SNS(twitterツイッター、lineライン、facebookフェイスブック、instagramインスタグラム等)が出会いにはどうなのか?を見ていきます。

出会いナビゲーター純

人気SNS(twitterツイッター、lineライン等)で出会えるものなの?

結論から言えば、出会えます。出会えた人はいます。しかし、問題は確率と質・リスクです。

例えば、結婚相談所に行けば、上手くいくかどうかは別にしても出会えます。誰だって出会えます。しかも原則、安全で素性がわかっている人と。

では人気SNSはどうなの?という話になってきます。

おわかりのように人気SNSでは、結婚相談所ほど高確率で出会えることはありませんし、安全性の面でも劣っているというしかありません。質に関しても書類審査などがあって仲介してもらっているわけではありませんから相手の得体がしれない出会いと言っても良いでしょう。

ただ、SNSの出会いを結婚相談所のようなバリバリの有料婚活サービスと比較してしまうのは酷。

SNSで出会えた人がいることも事実ですし、SNSならでは特徴があるのもまた事実。

次項ではSNSの出会いにおけるメリットデメリットを見ていきましょう。

人気SNS(twitterツイッター、lineライン等)での出会いのメリット

効率が良い

婚活恋活アプリほど良くはありませんが、SNSの出会いも効率は良いということが言えます。

それは、そこそこいい感じになってから相手と会うことができるからです。

合コンや婚活パーティーであれば、行ってみるまでどんな人が来るのかどうかわかりません。にも関わらず事前に飲み代等々お金がかかること、時間を費やすことを了承しなければなりません。

出会ってすぐにハズレだったから帰りますというわけにはいきません。

SNSでも見た目に関しては事前に完璧に把握できるわけではないですが、フィーリングという面では、事前にかなり把握できるといえます。

内面を見てもらえる。

合コン・婚活パーティーでは、見た目が勝負において多大なる影響を及ぼします。

結婚相談所においては、年収、仕事、家柄等々スペックが多大なる影響を及ぼします。

これらでは多大なる影響に隠れて、アナタの内面を存分にアピールすることが難しいです。

しかし、SNSはそんなことはありません。

  • アナタの日常を自らタイムラインに投稿し、アナタ自身のことを相手に知ってもらうことが出来ます。
  • 相手の投稿にいいね!するなどして、アナタの存在を目立たせ、好感度を上げることが出来ます。
  • お互いにメッセージのやり取りをするなどして親交を深めることが出来ます。

SNSでは見た目・スペックに邪魔されることなくアナタ自身を要領よく売り込むことが出来ます。

共通の話題で盛り上がることが出来る相手と出会える。

SNSでは、例えば、ツイッターでは〇〇クラスタという風に、趣味・思考を共有する人たちが集まる場があります。

そういった場でやり取りをしている人に関しては、共通の話題がありますので、オフラインで会った場合、相手と盛り上がることが出来ます。

合コンや婚活パーティーのように、「趣味は何?」みたいなことを聞きあって探りを入れる手間は不要ですし、話して見たけど、「全然合わないなこと人…」といったことがありません。

人気SNS(twitterツイッター、lineライン等)での出会いのデメリット

ガッカリする、される

SNSだからというわけではないかもしれませんが、写真と本人が全然違うとがっかりしたりされたり…ということはありますよね。

近年が写真の加工は誰にでも容易に出来ます。そしてSNSの場合、その写真が本人であるという前提で本人と一度も顔を合わせたことがないにも関わらず友達以上恋人未満なレベルにまで仲が深まってしまうケースがあります。

そういった場合、実際に会った際に、思っていた姿と全然違うとガッカリされて、積み上げた仲が崩れ落ちてしまうということも…。

一方で、思っていた姿と違っていても、もう内面を好きになりすぎていて気にならないというケースもあります。

後者のケースは、SNSでの出会いのメリットを上手に活用したパターンと言えます。

素性が不明瞭

SNSは結婚相談所のように仲介者がいて身分証明が完了した人間しかいないということはありません。

誰でも簡単に始めることができ、アカウントを運用することが出来るのがSNSです。

それゆえ、中には、詐欺目的、マルチ商法への勧誘目的でアナタに近寄ってくる人がいるかもしれません。

そういった被害にあわないにしても、第三者が介入している出会いと比べればそういったリスクが高いのは間違いありません。

誠意の無い出会いのリスクあり

結婚相談所での出会い、知人の紹介などので出会いでは、誠意ある対応をしなければいけません。それは…そうしないと自分の評価が下がったり、周囲に迷惑がかかってしまうから。

一方、SNSでの出会いに関しては、出会い目的でリアルな生活とリンクしないアカウントで活動していれば、誠意ある対応をしなくとも、自らの評価が下がることはありません。周囲に迷惑がかかることもありません。

どんな風に出会ったか?その流れ(体験談)

SNSでの出会いのメリット・デメリットがわかり、実際に、取り組んでみても、あるいは取り組んでいたとしても、

そもそも出会いの流れ・きっかけがわからないからどうしていいかわからない

という方も多くいらっしゃることでしょう。

そこで、実際に、人気SNSで出会った経験のある方の経験談を参考にしてみましょう。

20代女性

水泳が趣味ですが、所詮個人プレーなので、出会いにはつながりません。しかし、ツイッターで一緒のプールに通っている人に出会いました。

自分のツイッターにも、その場所を入れてツイートしていたら、ある人から連絡が来るようになりました。そして、何度がすれ違っていることもわかりました。

そのまま、実際にあってみることになりました。同じ時間にプールに行ったので、すぐにどの人かわかりました。今までも何度が会っていたようですが、記憶にはありませんでした。

しかし、個人プレーの趣味でもツイッターを通して出会え、一緒に通っているうちに付き合うようになりました。しかも、初めからすっぴんで出会っていたので、頑張りすぎない形で出会えてよかったです。

30代女性

ラインがきっかけで、年上の彼と付き合った経験があります。そのきっかけですが、あるアプリでゲームをしていて、ラインの友達登録をしたのがきっかけでした。

友達が多ければ多いほど、勝ちやすいゲームなので、何気なく、ネットでIDを公開しているひとを登録したのです。そこにいたのが彼でした。

ゲームでその彼と会うことが多く、彼はゲームでも圧倒的にランキング一位だったので、びっくりしていました。

彼は親切で、私にゲームの詳しい攻略方法なんかを教えてくれたりして、とてもいい人だなと思い、ラインを自然にするようになりました。

年齢を最後まで聞けなかったのですが、私は30代前半なのに彼は、年下の20代後半でした。それでも内面に惹かれて付き合うことになりました。

20代女性

私はとあるトレーディングカードゲームが趣味で、ツイッターでもそのカードゲームの事をよく呟いていました。

ある日、フォロワーの一人から「その戦法いいよね、俺も前使ってました」とのリプライが来て、そこからちょこちょこと連絡を取り合うようになりました。

その人は住んでいる地域のことは特に設定していなかったので、数多くいるプレイヤーの一人としか思っていませんでしたが、私のあるつぶやきをみて「え、もしかして結構住んでいるところが近い?俺○○にすんでるんだけど」と、最寄り駅が一緒だったことが判明しました。

同じ趣味を持っていて、住んでいるところも近いなら一度オフ会開いて対戦しない?という話になり、何度か会っているうちに告白され、付き合うことになりました。

ツイッターをみて趣味や人柄はなんとなくわかっていたので、その後も楽しく付き合うことができました。

20代女性

私はラインがきっかけで付き合いだしました。

友達を作る為に、ネットの掲示板で募集していた「友達作りの為のライングループ」という投稿にコメントし、投稿者の方とラインを交換してグループに招待してもらいました。そのグループにいたのが今の彼です。

最初はグループに色々な人がいてなかなか誰がどんな人か覚えられなかったのですが、今の彼が「○○さん(私)プロフィール写真見たけど音楽好きなの?」と話しかけてくれました。

私は当時、ラインのプロフィール画像を大好きな歌手のライブに行った時に、会場の前でグッズを持って記念撮影したものにしてました。

それがきっかけで、彼も音楽好きで趣味でギターを弾いてることがわかりました。

そしてオフ会で初めて会い、色々喋ってたら同じグループの他のメンバーが「何か二人お似合いじゃない?笑」と言い、お互い意識するようになり、何度か会った後向こうから告白され、付き合いました!

20代女性

彼と付き合ったきっかけは、TwitterのDMです。メッセージのやり取りが始まったのは、彼からの「良かったらお話ししませんか?」というDMからでした。

当時は大学生だったので、同じ大学というだけで顔も知らないような人も沢山フォローしていました。相手のプロフィールを確認すると、同じ学部の先輩のようだったので、警戒しながらも返事をし、やり取りが始まりました。

私と先輩は趣味が同じだったこともあって、お話しするのはとても楽しかったです。それから1ヶ月くらい経って大学内で会うことになり、その時に告白されて付き合うことになりました。

後から聞いてみると、先輩は教室で私を見掛けたことがあったらしく気になっていたそうで、たまたまTwitterで私を見つけて声を掛けてくれたそうです。

きっかけはTwitterですが、お互い社会人になった今でも仲良しです。自分自身、こんな出会いもありかなあと感じています。

20代女性

私の趣味はお絵描き、イラスト作成のようなものです。プロになれるほどの技術はありませんが、友人など周りの人で同じような趣味を持つ人はいませんでした。一人で活動するのは寂しいので、趣味の友達を作りたい、という気持ちから、SNS(ツイッター)を始めました。

小さなWEB上のコンテストに作品を投稿したのがきっかけです。そのコンテストでは、イラスト投稿者のSNSアカウントが表示される仕組みでした。

私が賞を頂いた時、同じくコンテストに投稿されていた相手が、SNSのアカウントを通してつながりました。

最初はメッセージのやり取りでしたが、肉声のスカイプ、そして実際にお会いする機会にも恵まれました。趣味が同じなので「あるある」体験で盛り上がったり、自分にはない視点での考えが面白く感じています。

20代男性

僕はtwitterがきっかけで彼女が出来たことがあります。

当時僕は海外のマニアックな映画が好きで、1日に何本も借りてきた洋画のDVDを見ていました。

マニアックな映画が好きな気持ちを誰かと共有したい!と思った僕は、twitter上で同志をさがすことに。

すると、僕の映画の趣味とほとんど同じようなものを呟いている女性を発見。僕はすぐさま彼女にダイレクトメールを送りました。

「さすがに無視されるかな?」と思っていましたが、なんと彼女から返信があり、僕たちはメッセージのやり取りをしてすぐに仲良くなりました。

その後、一緒に映画館に行こうと言う話になり、僕はその映画館デートの後で告白。彼女はオッケーしてくれ、僕たちはそれから付き合うことになりました。

これが、僕が趣味の映画をきっかけにtwitterで彼女ができたと言う話です。

20代男性

私はTwitterを使うようになって、色んなネット上の友好関係が広がりました。

リアルで会うような友人もできましたが、彼女もできたりもしました。

私はロードバイク(自転車)が趣味で休日に様々な場所に行っており、近くに住んでいるフォロワーと会う事がありました。

ネットの知り合いと会う事も躊躇わなくなった私(元々奥手)は、関西に行った際に近くに住む女性フォロワーと冗談で会おう言いました。その時は曖昧になってしまったのですが、偶然、目的地(スポット)に行く予定があったようで結局会う事になりました。

ビックリしたのがその女性は私の初恋の人にそっくりで、簡単に言うとタイプだったのです。

自分でも意外なほど積極的に話せた私はいつの間にか、交際する所までいきました。まさかTwitterでこのような展開になるとは、夢にも思いませんでしたね。

30代女性

自分が今カレと付き合うキッカケとなったのは、LINE交換からでした。初めて飲み会で知り合って、みんなで写真を撮って、写真撮りたいからグループ作ろうよってなり、招待が来ました。

今思うと、LINEグループって素晴らしい出会いの場になるんだと思います。そこに各自が撮った写真をアルバムでアップしました。

それまでがグループLINEの役割だったんだけど、そこから各自にLINEを送る事は出来る訳で!

彼から数日後LINEが来て、こないだは楽しかったねーとか、また遊ぼうねーとか他愛の無いLINEのやり取りが続きました。

そうした中で、2人きりで会う事になり、デートを重ねて、今現在お付き合いしてる形に至る感じです。

興味が無かったり、苦手な相手からもメッセージを送られてしまうデメリットもありますが、素敵な彼に出会えて良かったと思っています。LINEグループはよっぽど面倒な人とか、嫌な人が居ない限り積極的に参加してみるのもいいかもしれません。

20代女性

最近5年振りに彼氏ができました。しかも付き合うきっかけになったのは、職場での出会いでも合コンでもなく、友人を介してのグループラインでの出会いでした。

ある時、同じ職場の友人と趣味が同じことがわかり、とても盛り上がりました。ちなみにその趣味とは読書なのですが、いわゆる本格ミステリというジャンルの小説で、マニアックなため今まで周りには同じ趣味の人が全くいなかったのです。

今までずっと趣味について語り合える人がいなかったから嬉しいと喜ぶ私を、その友人は自分のグループラインに招待してくれました。

そこは同じ趣味の人同士で語り合える場所で、友人自身も知り合いからの繋がりで後から入ったそうです。私が入った時もみんな気持ちよく迎え入れてくれて、会ったことはなくとも楽しく話ができる場所でした。

そしてある時、このラインのメンバーでオフ会をしようという事になり、そこで出会ったのが今の彼です。

男性である事は知っていましたが年齢など詳しいことは知らなかったので、同世代だったことに驚きつつも、いつも話していて楽しい人だったので実際にあった時も会話が弾み、その後すぐに付き合うことになりました。

出会いがSNSというのもほんとにあるんだな、と思いましたが、今はとっても幸せです。

皆さん、SNSでかなり自然な流れで出会い交際に至っている方が多いですね。

SNSによりその出会いの質・流れに特徴が見え隠れしてますね。

ツイッターでの出会い

ツイッターでの出会いは趣味からの自然な流れが多いですね。自分の趣味や興味関心を共有したい、語りたいという理由からツイッターをはじめ、最終的に、その趣味関心が共通する相手と付き合いだすというパターンが多いですね。

ラインでの出会い

ラインは、リアルでの関係をつなぎとめたり、あるいはより発展させることに貢献してくれ、結果として付き合うに至るというケースが多いですね。

  • 合コンで知り合ったメンバー間でグループラインを作り、そこでのやりとりから付き合いに発展。
  • 知り合いに趣味のグループラインに入れてもらってそこから付き合う人に出会う。
など。ラインはツイッターと違い、クローズドなSNSなので、このようなリアルの延長線上という流れの出会いになることが多いですね。

フェイスブックでの出会い

実際の体験談は全然集まりませんでした。

フェイスブックが他の出会いと圧倒的に違うのは原則自分の顔写真が必要で実名でアカウントを運用しなければならないということ。

それゆえ、学生時代の同窓生とフェイスブックがきっかけで交流が再会し、結果、付き合うようになったという出会いもあり得ます。

筆者は実際にそういう流れで付き合いに至った人を数名知っています。

このような出会いの流れは、ツイッターなど実名運営が原則ではないSNSではなかなか実現することはありません。

注意
ペアーズ、Omiaiなどはフェイスブックを介して利用する婚活恋活アプリです。SNSの中に更に非公開の恋人募集中な人だけを集めたSNSを作るものです。

「フェイスブックでの出会い=ペアーズ、Omiaiなど婚活恋活アプリでの出会い」であると誤解されている方がいますが厳密にはそうではありません。

本記事でいうフェイスブックでの出会いというのは婚活恋活アプリを利用しない純粋なフェイスブックのみでの出会いのことを指しています。

インスタグラムでの出会い

SNSでの出会いに関して、インスタグラムも体験談を募集しましたが、ツイッターやラインのように集まりませんでしたので、何とも言えませんが…。

写真メインのSNSということで、写真でアピールしたり、共感を得たりして他者と仲良くなるのに優れたSNSと言えるのではないでしょうか?

人気SNS(twitterツイッター、lineライン等)での出会いについてまとめ

人気SNSでの出会いには良い面も悪い面もあります。SNSの良い面だけを活かして悪い面のリスクを下げる最もおすすめな出会いの流れは、

  • STEP.1
    SNSで自らの興味関心を全面に出して活動する。
  • STEP.2
    同じ興味関心を持つ人たちとのやり取りを楽しむ。そういったクラスタに所属する。
  • STEP.3
    多人数オフ会に参加する。
  • STEP.4
    オフ会をきっかけにオンラインでもオフラインでも更に親密になる。
  • STEP.5
    流れで付き合うことに。

この流れが最も鉄板です。この流れの凄い点は、アナタ自身を多くの人に知ってもらうことのみにSNSを利用したという点。それ以外に関してはリアル。普通の出会いとなんら変わりがないということ。

本来、SNSだからどうということはありません。SNSでの出会いがどうなのか?ということ自体がナンセンスです。

今、出会いが欲しいと思っているなら…SNSを活用して交友関係を広げ、アナタの良さを分かってくれる人との出会いを増やせば…自然と恋人が出来る可能性は上がります。

SNSとはそういうものです。

注意
婚活恋活を目的としたクローズドのSNSサービスの利用者が増えていますが、そういったサービスと純粋な人気SNSとの圧倒的な違いは、全員が出会いを求めているか否か?

前者では全員が出会いを求めているのが前提なので、その前提に沿って積極的なアプローチが可能です。

後者は既婚者、出会いを求めているわけではない人もたくさんいるので、見境なしにアプローチすると、変な人認定されるリスクがあり、空気を読み、相手の出方をうかがいながら行動する必要があります。